ロジカルなダイエット |時々、水槽

35歳 173cm 86kg 体脂肪率29%(→2018年11月時点で73kg 24% 継続中) の会社員が、ダイエット&シックスパックを目指し日々頑張ります

【ミニマリストにオススメな】コンパクトな財布 厳選3製品のレビュー! 【1位は意外にも格安商品!】

 

f:id:urbanmousetrap:20181213132228j:plain

 

私はミニマリストではありませんが、

元々ものを持つのが嫌いで、

できるだけ手ぶらで外出したいタイプです。

 

ガチなミニマリストは、

小さくて軽いのは当たり前、

スマホだけで出かける人もいるのでしょうが、

さすがに今の日本では、現金を持たないとサラリーマンには辛いです。

 

そんな私が財布に求めることは、

ミニマリストの方とほぼ同じですが、

 

・小さい&軽い

・紙幣が数枚入る

・カードが数枚入る

・自宅の鍵が収納できる

・小銭が一時的にはいる(直ポケットでもいいけど、ジャラジャラするのが嫌)

 

こんな条件で、10年以上色々と試してきました。

そんな私が持った経験上で、オススメの財布をTOP3をご紹介します。

 

 

 

第3位 abrAsus(アブラサス) 約10,000円~(種類が豊富で値段も色々)

 

f:id:urbanmousetrap:20181213130429j:plain

もう言うまでもないミニマリスト御用達の、

超有名ミニマム財布といえばabrAsusですよね。

 

 

使った評価としては・・・

・小さい&軽い →◎ 

・紙幣が数枚入る→◎

・カードが数枚入る→◎

・自宅の鍵が収納できる→◎

・小銭→◯

 

基本的にすべて◯以上の、良い製品です。

種類も豊富で価格帯も色々なので、生活スタイルによってより小さいものを選べます。

 

スタンダードな小銭が別スペースになるものを使っていました。

多分これのはずです。

 

ただ・・・私にとっては使い勝手が悪かったのです。

特に小銭。そもそも持たないようにしているので、一時的しか入れないのに入れにくい、出しにくい。

ストレスが貯まったので、人にあげてしまいました。

(というわけで写真ありません)

これが理由で3位という評価です。

 

第2位 土屋鞄 ビークルマネークリップウォレット 20,000

f:id:urbanmousetrap:20181213130958j:plain

本革製品で有名な土屋鞄さんのマネークリップタイプのお財布です。

www.tsuchiya-kaban.jp


いま現時点では再販待ちでした。

大抵の製品は間を空けて再生産するので、

入荷メールで登録しておけば、数ヶ月以内に復活すると連絡が入ります。

 

使った評価としては・・・

 

・小さい&軽い →◯

・紙幣が数枚入る→◎

・カードが数枚入る→◎

・自宅の鍵が収納できる→◯

・小銭→◎

 

実は私が使っている財布は10年ほど前のモデルなのです。

若干のちがいはあるかもしれません。

しかし、ほぼ同じ見た目ですので、同等以上の使い心地かと思います。

 

↓私の使用している実物です。

f:id:urbanmousetrap:20181213130749j:plain

だいぶエイジングが・・・

f:id:urbanmousetrap:20181213130752j:plain

硬化の跡もついています

f:id:urbanmousetrap:20181213130755j:plain

 

 

質感もよく、エイジングが楽しめます。

 

最初は挟めるか、心配していたマネークリップですが、

10年近く使い続けても、

紙幣1枚でもガッチリ挟むことができ問題ありません。

生涯持ち続けるであろう、お気に入りの財布です。

 

マイナス点は、鍵を入れるスペースが小銭入れとなることと、

劇的に小さいかと言うと、そうでもないこと。。。

 

今はカードケース入れとして、たまに持ち出しています。

生活スタイルが変われば、またこの財布に戻したいなと思います。

 

 

第1位 ダイソー ハリスツイード財布

 

・小さい&軽い →◎

・紙幣が数枚入る→◯

・カードが数枚入る→◎

・自宅の鍵が収納できる→◎

・小銭→◎

 

私に採っての第1位は、ダイソーの財布です。

小ささを求めてたどり着いたのは、ダイソーの200円の財布でした。

Harris Tweedの生地を使っており、ダイソーでの元値は500円でしたが、

夏前に割引されて200円になっていました。

 

割引理由はよくわかりませんが、「夏なのにこの生地だったから」でしょうか。

(この生地で、夏場はちょっと暑苦しかった。)

 

でも質感は500円とは思えないほど上質です。

マイナス点は、紙幣が4つ折りにしか入らないこと。

たくさん入れると分厚くなってしまいます。

 

基本的に私は紙幣は4-5枚入れて、あとはカード5枚ほど。

この状態であれば、小銭も10枚くらいは問題なく入ります。 

 

 

やっぱり使い勝手や使い心地は、値段とは関係ありませんね。

 

高ければよい・見栄えが良いわけでもなく、

安くても、十分に満足できる製品が、日本には溢れています。

 

おまけ 小銭をどうするか

今はこのダイソーの財布1つとAppleWatchで落ち着いています。

(私はiPhone6Sなので、ApplePayに対応していません。)

 

支払いはApplePayで、小銭は通常持っていません。

基本、10円以上は、すぐ駅のきっぷ売り場で、

通勤定期のPASMOへチャージしてしまいます。

(路線の関係上、定期がSuicaを選べないので、モバイルSuicaとPasmo2枚持ちです)

 

5円と1円はチャージできないので、募金箱か、奥さんのお財布にIN(笑)

月に50円にもならないですけどね。。。

 

ご参考まで!