ロジカルなダイエット |時々、水槽

35歳 173cm 86kg 体脂肪率29%(→2018年11月時点で73kg 24% 継続中) の会社員が、ダイエット&シックスパックを目指し日々頑張ります

【ミニマリスト向け】賃貸QUQURIが、超本格派【大人気】

f:id:urbanmousetrap:20181130121809j:plain

※注:画像は本記事の部屋とは関係がありません

 

ミニマリスト向けにターゲットを絞った賃貸が人気らしいですね!


最近、特に有名なのが、

株式会社SPILYTUS(スピリタス)という会社が手がける、
『QUQURI(ククリ)』という物件シリーズです。



平均的な1Rマンションは20平米だそうですが、
なんとQUQURIは、9平米しかないようなのです。

 

半分以下!!

 

狭小住宅と言われて私が思い浮かべてしまうのは、
キッチン・風呂なし、四畳半ってですが、全く違。

 

 

重要なのはただの広さではなく、使えるデザインであること

まず、当然のことながら、とてもキレイです。
そしてとにかく無駄がない。
不便さを感じないギリギリの設備、間取り、デザインだと感じました。

玄関のドアは壁ギリギリに開くサイズ、

上の空間を無駄にしないためにもロフトがあり、
風呂はないけどシャワーが付き、
小さいながら1口のIHのコンロあり、
トイレは便器はタンクレスの、最新で、横幅はギリギリ。 

 

 家賃は期待ほど安くない

設備がこれだけ良いということに加えて、
人気駅から徒歩5分などの物件が多く、
通常の広さのワンルームと比べても、
2-3万円程度しか安くはないようです。
いやこの2-3万円も十分大きい!と思える方こそ、
住むべき方なのでしょうね。

 

本気のミニマリスト向け物件

これだけしかないスペースですが、超実用的であり、
本気のミニマリスト向けにターゲットを絞った物件ですね。

不要なものは増やないし、シンプルな生活をせざるを得ません。。。

他にも、若い方で1人暮らしであれば、

ミニマリストじゃなくても住めるかもしれません。

 

あとは「寝るために帰る!」みたいな方。。。

 

都内にはとにかく人がたくさんいますし、
最近のミニマリストブームを考えれば、
こういったターゲットが明確な物件が人気になるのは、
十分に理解できます。

 

QUQULIの部屋の広さは??どういう生活?


すでに23区内で70棟を超える実績があるとのこと。
この会社は2012年創業で、社長さんも31歳!すごいですねー。


どうやらマツコ会議にも取り上げられたとのことで、
色々なところで取り上げられています。


SPILYTUSさんの企業HPのサイトで、
入居者さんのお部屋が見られるのですが、
独り身なら、こういう生活もいいですね~。

 

spilytus.co.jp

 


外国人労働者の受け入れ拡大も追い風?

投資的な考えは私にはわかりません。
ただ今はバンバン物件を立てているそうで、好調なのも納得ですね。
また外国人労働者の受け入れ関連法案が、

国会で可決されたことも、追い風になるでしょう。

 

都内は人が多いので、すぐに飽和することは無いでしょう。
大手も規模を考えると、デザイン料、地域限定などから、

コスト面からは、ちょっと手が出しにくそうです。

 

別に回し者でも何でもありませんが、

見てみるととても面白いので、

時間があるときに眺めるのに↓おすすめです


https://spilytus.co.jp/interviews/